ニキビ跡をスキンケアで消したい場合の化粧品の選び方

頑固なニキビが少しずつ改善方向へとなってきたかと感じた時に、気になってしまうのが過去にできたニキビの跡ですが、目立たないくらいでは化粧で誤魔化すことができても、年齢と共に跡が広がって目立ってきますので小さいうちに消したいですね。一番効率の良い消し方はスキンケアの基本になっている洗顔であり、小さなニキビ跡程度でしたら古い角質層と一緒に落ちることもできます。週に1~2回のペースでピーリング効果がある石鹸で顔を洗うことでお肌の代謝を促進し、皮膚を清潔にすることでニキビ跡を消すだけではなく予防にも繋がります。皮脂の分泌状態によっては、洗顔回数を増やし汚れが落ちるようにゴシゴシと洗いますが、逆に皮膚の刺激によって赤みが増したりニキビの増加にもなることから、回数の増加や摩擦で洗うのは控えておきましょう。洗顔した後には、お肌の乾燥や余計な皮脂の分泌を防ぐために保湿が必要になりますが、肌質によっては効果を高めようと必要以上に付けてしまいがちです。これは皮膚にとって刺激を与える結果となってしまうことから使用する分量にも注意しておき、皮膚の表面の乾燥を防ぎながらもスムーズなターンオーバーが促進できることで次第にニキビ跡も目立たなくなります。

 

足痩せジェルおすすめ